復職支援デイケア オリーブの特色

こんにちは。復職支援デイケア「オリーブ」です。
今回は、オリーブの特色について説明します。

1. 多職種チームによる復職支援
医師をはじめとして、看護師、臨床心理士、精神保健福祉士、作業療法士等、医療の専門職が随時連携しながら進めています。それぞれの専門性を活かして、ご利用者様の様々な側面から復職に向けて支援しています。

2. 個別担当制でサポート
ご利用者様一人一人に応じた職場復帰をサポートするため、個別担当制をとっています。認知行動療法をもとにした各種の振り返りシートを活用しながら、個別面談の中で復帰のための課題を明確にしていきます。

3. 再発予防に力を入れたプログラム
プログラムでは厚生労働省のガイドラインを基に、認知行動療法をはじめとした様々な治療法を活用したプログラムを行っています。自身の課題を客観的に把握し、それに対する工夫と対処法を講じられるかどうか、回復ステップに応じて段階的に負荷をかけていきます。

4. 主治医や、産業保健スタッフ、人事担当者との連携
プログラムに関する経過報告や、主治医からの意見確認、職場復帰に際しての調整をご利用者様とともに事業所と連携をとりながら進めていきます。

5. 復職後のフォローアップ
職場復帰後も再発予防のため、体調の確認や、復帰後の悩みを相談する場としてご利用いただけます。定期的な面談や、他の復職者との交流が、働き続けるための支えとなります。


 

復職支援デイケアとは

こんにちは。復職支援デイケアオリーブです。
今日は、当デイケアの概要を説明します。

◆復職支援デイケアとは
 
復職支援デイケアでは、うつ病やストレス関連疾患などで休職中の方を対象にした、職場復帰を目指したプログラムを行っています。
 
プログラムでは、決まった時間に通うことで生活リズムを整え、会社へ通勤することを想定した訓練を行っていきます。
 
また、回復のステップに応じて、作業能力や集中力を確認する課題や、再発予防のための疾病教育や認知行動療法等を行っております。
 
プログラムの中で、休職になった時の働き方や考え方を振り返ることで休職に至った要因を確認するとともに、主治医や事業所との連携をとりながら、復職の準備を整えていきます。

スタッフと相談しながら、少しずつ復職と再発予防に取り組んでいきましょう。

はじめまして

はじめまして、復職支援デイケア オリーブです。

復職支援(リワーク)デイケア オリーブは、現在休職中の方を対象として、復職準備性(十分に仕事ができる状態になっているかどうか)の確認と、再発予防のための支援を行っています。

単に仕事に戻るだけでなく、病気とうまく付き合いながら、自分らしく働き続けられるようになることを、支援目的としています。

2016年4月に開所後、多くの方々が通所し復職されています。
このブログでは、オリーブの活動や体験談などを紹介していきたいと思います。