収穫

かわいい芽ですねぇ~。      Q:何の芽でしょう?

やっと、空気が冷たく感じられる日がやってきました。外に出るのも億劫になりがちな季節ですが、そんな中でも農園の野菜達は日に日に成長を続け、青々と力強く生きています。
寒い中での水やり当番や草むしり等を責任を持って行い続けたメンバーの思いが込められた野菜が初めて収穫されました。

                     A:水菜 
原産地は京都。江戸時代から栽培され、肥料を使わず水と土だけで作られていたことから水菜と呼ばれるようになったそうです。(ビタミンA・C、鉄分、カルシウム、カリウムを多く含む)
サラダや鍋に入れて食べると美味しく頂けます。

そしてまた土を耕し、うねを作り、種を蒔き、次の収穫へ向けてのスタートです。
デイケア利用については・・・すずのきメンタルケアクリニック

クリスマスがやってくる


12月に入り、街もクリスマス色になってきました。
オアシスでも、先日水曜日のガーデニングの時間に、
クリニックの木々にクリスマスの飾り付けを行いました。
部屋の中も、手作りの飾り付けがされ、少し気分も華やぎます。



今週7日(木)の創作の時間には、右のオーナメントを作ります。毎週活動している創作サークルですが、普段はビーズアクセサリー、さしこ、ぬりえ、牛乳パックのリサイクルでいす作りなどをしています。今回は、いつもと気分を変えて季節を感じながらの創作イベントです。オアシスのメンバーにかかればきっといろんなアレンジが、加わることでしょう。次回は、その作品が紹介できるかな?

暗くなるとこのようにライトアップもされてきれいですよ。
デイケア利用については・・・すずのきメンタルケアクリニック

料理

今日の料理
♪肉じゃが
♪味噌汁(油揚げとワカメ)
♪みかん

今日の昼食で肉じゃがを食べたら、懐かしい味がして(お袋の味?・・・)何だかあったかい気持ちになりました。
寒い冬はコタツに入りながら、みかんを食べて指先が黄色くなったりしながら、家族みんなで他愛もないことを話しながら過ごしたものです。
さて今回肉じゃがの味付けにはめんつゆを使いました。最後に砂糖とみりんで味をととのえて仕上げました。
手際よく作れ、味もよくお勧めです!
ジャガイモもホクホクで、味もよく染み込んでいて美味しかったです。
デイケア利用については・・・すずのきメンタルケアクリニック

道路里親制度の認定をうけました。


デイケアオアシスには、デイケアに来ることに慣れ、次のステップを目指す方たちのため『翼の会』というグループ(社会参加グループ)があります。
その『翼の会』の活動の一つとして、久喜すずのき病院F棟の花壇の水遣り等の管理と、その隣の市道の清掃活動を行っています。
週に3日、道路の落ち葉を掃いたり、ゴミを拾ったり除草等を行っています。
市道の清掃活動について、久喜市では「道路里親制度」という制度があり、先日、申請を行い、
翼の会のメンバーと認定書の交付式に行ってきました。
交付式では久喜市役所の市長応接室で行われました。久喜市長を目の前に少々緊張した私たちでした。

道路の清掃は、今年の7月から行っています。真夏の太陽の照りつける中の作業は、とても大変でしたが、雑草の生い茂っていた道は、メンバーの努力でみるみるきれいになっています。
春には桜並木で、私たちの心を和ませてくれる道です。
これから厳しい冬になりますが、きれいな道を保っていきたいものです。

これまではゴミが落ちていても気づかずにいましたが、
今では、たばこの吸殻や、缶やペットボトル等のゴミを拾うことによって、ゴミを捨てない・道路をきれいにするという環境美化に対する意識も変わってきたように思います。
デイケア利用については・・・すずのきメンタルケアクリニック

料理プログラム


本日のメニュー
♪やきそば
♪スープ
♪うさぎりんご

今日のメニューはやきそばです。キャンセルが相次ぎ、調理メンバーが5人でした・・・。
5人で20人分もの料理を作ります。みんなで力を合わせ、なんとか出来上がりました。
最後の仕上げはホットプレートで行ったのですが、混ぜ合わせるのも一苦労です。
ソースと合わさり、いい香りががキッチンに漂います。
りんごは、かわいらしく「うさぎりんご」にしました。

デイケア利用については・・・すずのきメンタルケアクリニック

11月10日料理プログラム

本日のメニュー
♪サンドウィッチ(卵・ツナ・野菜・ハム&チーズ)
♪コンソメスープ(ベーコン・玉ネギ・ワカメ)
♪バニラアイス

とってもボリュームたっぷりな昼食になりました。
パン一枚一枚にマーガリンとマスタードをぬるのはちょっと大変だったけど、とても彩り豊かな美味しいサンドウィッチが出来上がりました。
コンソメスープで身体も温まり、寒い季節にはホッとした気分になります。

残りの具材で急遽サラダをつくりました。
味付けは塩とイタリアンドレッシング。大皿にのせて、皆で取り分けながら食べました。
皆で和気藹々と食べるのって本当楽しいですよね。
デイケア利用については・・・すずのきメンタルケアクリニック

オアシスに農園を作ろう



そして、現在・・・ 
                            

                           (当院3階デイケアルームにて撮影)
オアシスでは水曜日の午前中に「ガーデニング」を行っています。これまでも、季節の草花や野菜を育て収穫し、押し花作りをしたり、ハーブティーを楽しんだり、ジャムを作ったりと充実感のあるゆったりとした時間を過ごしてきました。農園が完成したことで更に活動の場が広がり始めています。草むしり、当番制の水やり、農園日誌の作成等、大変なこともありますが、土に触れていると何となく心地良いものです。
デイケア利用については・・・すずのきメンタルケアクリニック

料理「ミートソーススパゲティ」

先週の料理は、ミートソーススパゲティとコンソメスープそしてポテトサラダでした!
みんなで協力しておいしいものが出来上がりました。
今回はミートソース缶も使いましたが、それに挽肉とみじん切りにした玉ねぎと人参を加え、味を整えるためにケチャップを使用して作りました。


ポテトサラダは、マッシャーのない中、いろいろな調理器具を使い、じゃがいもを一生懸命につぶし、滑らか~でまろやか~な一品となり、好評でした!!

デイケア利用については・・・すずのきメンタルケアクリニック

家族会(すずらんの会)

26日(木)13:00より家族会がありました。
今回は「統合失調症の方の生き方と社会参加について~統合失調症の方との接し方~」というテーマで、久喜すずのき病院 佐藤聡副院長よりお話いただきました。
当日はデイケアの利用者のご家族のほか、久喜すずのき病院・すずのきメンタルケアクリニックをご利用の方のご家族、約60名が参加され、熱心に佐藤先生のお話を聞きました。
統合失調症という病気の一般的な知識のほか、生活上の特徴などが具体的にわかりやすく説明され、ご本人の病気やその特徴を理解した上で、家族や周囲の人の接し方のヒントが得られたのではないかと思います。
病気になられたご本人はもちろんですが、支えるご家族も不安やあせり、辛さなど人知れず悩んでおられる方もとても多いものです。
今回のような医師の講義により正しい知識を得ること、普段一人で抱えている悩みを他のご家族に話し、アドバイスやはげましをもらうことは、ご家族にとって大きな活力になると思いますし、それがご本人の病気の回復にもとてもプラスにもなるのだと思います。
いつもよりずいぶん多い参加、それだけご家族の悩みは大きいものだとも感じましたし、ご本人の回復を願い、一緒に病気と闘っていきたいとの強い思いが伝わってくる会でした。
心のお悩み相談は・・・
すずのきメンタルケアクリニック
久喜すずのき病院
カウンセリングオフィス:クローバーリーフ

雨中旅行

この秋一番の寒さとなった今日、旅行に出掛けました。
バスの中では会話を楽しむ人、車窓からの景色を眺める人、お昼寝Zzz…をする人などなど。
1時間ほどで目的地の「牧場」に到着。出発の頃に降っていた雨も小降りになりました。
日頃の行いでしょうか???


動物に接すると、みんなの表情が自然とほころびました。
そして、牧場と言えばソフトクリーム!「濃厚で美味しい」と好評でした。

イベント委員さん、初めての企画お疲れさまでした。楽しかったです。
委員さんのお手伝いをしてくれた方、ありがとうございました。またみんなで協力して素敵なイベントを企画しましょう!
デイケア利用については・・・すずのきメンタルケアクリニック

1 26 27 28 29 30